可能性 ある 島 の

芸術鑑賞の備忘録

2020-05-08から1日間の記事一覧

本 トカルチュク『逃亡派』

オルガ・トカルチュク『逃亡派』〔エクスリブリス〕白水社(2014)を読了しての備忘録Olga Tokarczuk, 2007. "Bieguni"小椋彩訳 116のエピソードが織りなす「巡り合わせ(コンステレーション)」の文学。 因果律にしたがい首尾一貫している論拠の連なりなどと…