可能性 ある 島 の

芸術鑑賞の備忘録

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』を鑑賞しての備忘録
2020年製作の日本映画。105分。
監督・脚本・編集は、池田暁。
撮影は、池田直矢。

 

楽隊が演奏しながら鄙びた町を練り歩く。露木(前原滉)が布団から体を起こす。すり減った石鹸を使って顔を洗い、夏の盛りでもスーツを身につけて家を出る。近所に住む同僚の藤間(今野浩喜)もちょうど家を出るところで一緒になる。板橋煮物店で弁当箱を女将(熊倉一美)に預けて、向かうのは津平町第一基地。受付で女性(よこえともこ)に名前を告げて、係の人(角田朝雄)に木札をひっくり返してもらう。制服に着替えると、町長の右腕である川尻(木村知貴)の指示に従って皆で体操をする。町長の棗(石橋蓮司)が訓示を垂れる。皆さん、脅威が迫っています。何の脅威かは忘れました。とにかく、今日もがんばりましょう。露木と藤間の舞台は川に向かい、川岸に陣取る。9時になると、散発的に射撃を始める。対岸からも散発的な銃撃がある。昼休み、露木は藤間とともに食堂で食事をとる。店主の城子(片桐はいり)は息子が露木たちよりも上流の激戦地で向こう岸の連中と闘っていると吹聴する。再び、川に戻った2人は、5時まで射撃を行う。基地に戻り、着替えを済ませ、受付で退庁を告げる。川尻の妻(橋本マナミ)が門の脇で待っていて夫からカバンを受け取る。町長、川尻夫妻、警官(小野修)、露木、藤間が隊列を組み行進するかのように家路に就く。煮物屋では泥棒が煮物を盗む。店主(嶋田久作)は今度この町に凄い部隊がやって来ると言う。露木は弁当箱に厚揚げを詰めてもらい、家に帰る。夕食をとり、顔を洗い、就寝する。楽隊が演奏しながら鄙びた町を練り歩く。露木が布団から体を起こす。

 

残酷な向こう岸から津平町を守る兵隊として規則正しい生活を送っている露木(前原滉)。彼や町の住人の時計のように繰り返される単調な暮らしが、向こう岸の脅威の増大にって徐々に乱されていく、その顚末。
ファミリーコンピュータ用ゲームソフト『たけしの挑戦状』のような、横スクロールのアクションゲームを髣髴とさせる映像で物語が描かれる。
板橋煮物店は泥棒(=警官)対策のために竹輪専門店として再出発する。竹輪には穴が開いている。それは、楽隊の「管」楽器をイメージさせる。また、摂取と排泄のための「管」が進化した人間の象徴でもある。のみならず、竹輪はもともと「蒲鉾」であった。竹輪こそが鉾の形をしているのである。ところが鉾の形をしていない板蒲鉾が「蒲鉾」の名を奪い、元からの蒲鉾は竹輪になった。竹輪は剥奪された存在のメタファーでもある。