可能性 ある 島 の

芸術鑑賞の備忘録

展覧会 飯嶋桃代個展『Recovery room ましましいねつるかも』

展覧会『飯嶋桃代展「Recovery room―ましましいねつるかも」』を鑑賞しての備忘録ギャルリー東京ユマニテにて、2021年2月8日~27日。 病からの治癒をテーマにしたインスタレーション《Recovery room》を紹介する飯嶋桃代の個展。 会場の床には、淡いライムグ…

展覧会『石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか』(後期:グラフィック・アート)

展覧会『ギンザ・グラフィック・ギャラリー第381回企画展 グラフィックデザインはサバイブできるか』(後期:グラフィック・アート)を鑑賞しての備忘録ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて、2021年2月3日~3月19日。 アートディレクター石岡瑛子(1938-201…

展覧会『外方(そっぽう) 多摩美術大学日本画専攻卒業生選抜展』

展覧会『春立つ―大学日本画展@UNPEL Ⅰ「外方(そっぽう) 多摩美術大学日本画専攻卒業生選抜展」』を鑑賞しての備忘録UNPEL GALLERYにて、2021年2月7日~23日。 多摩美術大学日本画専攻を卒業した4人の作家(小瀬真由子・小林明日香・判治郁奈・古木園子)を…

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』を鑑賞しての備忘録2020年製作のフランス映画。107分。監督・原案は、ルーベン・アウベス(Ruben Alves)。脚本は、エロディ・ナメ(Élodie Namer)とルーベン・アウベス(Ruben Alves)。撮影は、ルノー・シャッサン(Rena…

展覧会 平子雄一個展『GIFT』

展覧会『平子雄一個展「GIFT」』を鑑賞しての備忘録KOTARO NUKAGAにて、2021年1月23日~4月3日。※当初会期(2月27日まで)を延長。 平子雄一の個展。作者の作品を特徴づける、針葉樹の樹冠(群葉?)の頭部を持つキャラクターが描き込まれた絵画を中心とした…

映画『あのこは貴族』

映画『あのこは貴族』を鑑賞しての備忘録2021年製作の日本映画。124分。監督・脚本は、岨手由貴子。原作は、山内マリコの小説『あのこは貴族』。撮影は、佐々木靖之。編集は、堀善介。 2016年元旦の東京。日が暮れて、照明によって高層ビルの姿がシャープに…

展覧会『Gift of Words』

展覧会『ignore your perspective 56「Gift of Words」』を鑑賞しての備忘録児玉画廊にて、2021年1月23日~2月27日。 糸川ゆりえ、清原啓、野島健一の3名の作家を紹介するグループ展。 糸川ゆりえ《呼吸について》「二十頭身」くらいに小さく表され頭部から…

映画『藁にもすがる獣たち』

映画『藁にもすがる獣たち』を鑑賞しての備忘録2020年製作の韓国映画。109分。監督・脚本は、キム・ヨンフン(김용훈)。原作は、曽根圭介の小説『藁にもすがる獣たち』。撮影は、キム・テソン(김태성)。編集は、ハン・ミヨン(한미연)。原題は、"지푸라기라도 …

展覧会『第13回恵比寿映像祭「映像の気持ち」』

展覧会『第13回恵比寿映像祭「映像の気持ち」』を鑑賞しての備忘録東京都写真美術館にて、2021年2月5日~21日。 東京都写真美術館を中心に年に1度開催されている映像作品の国際フェスティヴァル。第13回展は「映像の気持ち」をテーマに掲げ、「見る人の感情…

展覧会 本間優梨個展

展覧会『本間優梨展』を鑑賞しての備忘録JINEN GALLERYにて、2021年2月16日~21日。 頻繁に現れる格子が印象的な絵画15点から構成される本間優梨の個展。 《庭の自転車》は、タイルの敷かれた場所に置かれた自転車を横向きで描いている。タイル、自転車の前…

展覧会 秋山早紀個展『次はどこに行こうか』

展覧会『秋山早紀展「次はどこに行こうか」』を鑑賞しての備忘録JINEN GALLERYにて、2021年2月16日~21日。 観光スポットをテーマにした絵画17点で構成される秋山早紀の個展。いずれの観光スポットのどのような点に着目して制作されたかを解説したリーフレッ…

展覧会 速水一樹個展『JAM』

展覧会『速水一樹「JAM」』を鑑賞しての備忘録ギャルリー東京ユマニテbisにて、2021年2月15日~20日。 角材(2x4材)の12フィートを赤、6フィートを橙、3フィートを黄、1.5フィートを緑、0.75フィートを青でそれぞれ塗ったものを組み合わせて様々な空間に設…

映画『羊飼いと風船』

映画『羊飼いと風船』を鑑賞しての備忘録2019年製作の中国映画。102分。監督・脚本は、ペマ・ツェテン(万玛才旦/Pema Tseden)。撮影は、リュー・ソンイエ(吕松野/Lu Songye)。編集は、リアオ・チンスン(廖庆松/Liao Ching-Sung)、ジン・ディー(金镝Jin Di)。…

展覧会 望月通陽個展

展覧会『望月通陽展』を鑑賞しての備忘録ギャラリー椿にて、2021年2月6日~20日。 筒描技法による染織作品を中心とした望月通陽の個展。 《同じ笑顔に》では、黄土色の地に、防染糊を絞った点々がつくる輪郭線の中にごく淡い紺の濃淡で、しがみつく子供を座…

映画『プラットフォーム』

映画『プラットフォーム』を鑑賞しての備忘録2019年製作のスペイン映画。94分。監督は、ガルダー・ガステル=ウルティア(Galder Gaztelu-Urrutia)。脚本は、ダビド・デソーラ(David Desola)とペドロ・リベロ(Pedro Rivero)。撮影は、ジョン・D・ドミンゲス(J…

映画『私は確信する』

映画『私は確信する』を鑑賞しての備忘録2018年製作のフランス・ベルギー合作映画。110分。監督は、アントワーヌ・ランボー(Antoine Raimbault)。原案は、アントワーヌ・ランボー(Antoine Raimbault)とカリム・ドリディ(Karim Dridi)。脚本は、アントワーヌ…

展覧会『メタマテリアリズム―物質を超えて―』

展覧会『メタマテリアリズム―物質を超えて―』を鑑賞しての備忘録日本橋三越本店コンテンポラリーギャラリーにて、2021年2月3日~15日。 「絵画(支持体や絵具)が備える物質性を強く意識し」た作品を制作している画家を紹介する企画(田口達也によるキュレー…

展覧会『あざみ野フォト・アニュアル とどまってみえるもの』

展覧会『あざみ野フォト・アニュアル とどまってみえるもの』を鑑賞しての備忘録横浜市民ギャラリーあざみ野にて、2021年1月23日~2月14日。 「写真の在り様を拡張し続けている」作家を紹介する展覧会(企画は、天野太郎、佐藤直子、日比谷安希子、菅沼比呂…

展覧会 菊池風起人個展『いつでも健康的でいよう』

展覧会『菊池風起人個展「いつでも健康的でいよう」』を鑑賞しての備忘録GALLERY b.TOKYOにて、2021年2月8日~13日。 輝くような白い歯を見せて笑う人物がさわやかな印象を与える絵画9点から構成される、菊池風起人の個展。 《動くサル》は、縦長の画面に、…

展覧会 藤森詔子個展『舵を取れ!』

展覧会『藤森詔子個展「舵を取れ!」』を鑑賞しての備忘録GALLERY MoMo Projectsにて、2021年1月16日~2月13日。 藤森詔子の絵画7点を紹介。 表題作の《舵を取れ!》は、正方形の画面の左上と右下の頂点を結ぶ線の下側に、沈みかけのヴァーミリオンの船体が…

展覧会 宮田雪乃個展『うなずき』

展覧会『宮田雪乃個展「うなずき」』を鑑賞しての備忘録LEESAYAにて、2021年1月16日~2月14日。 宮田雪乃のドライポイントによる版画12点を展示。 「壺に沈む」シリーズ3点のうち、《壺に沈む#4》は、焦げ茶色の木製のテーブルの天板の上であろうか、左右に2…

映画『わたしの叔父さん』

映画『わたしの叔父さん』を鑑賞しての備忘録2019年製作のデンマーク映画。110分。監督・脚本・撮影・編集は、フラレ・ピーダセン(Frelle Petersen)。原題は、"Onkel"。 雑多な荷物が乱雑に積まれている部屋。隣室で、目覚まし時計のアラームが鳴り始める。…

展覧会 小瀬真由子個展

展覧会『project N 81 小瀬真由子』を鑑賞しての備忘録東京オペラシティ アートギャラリー〔4Fコリドール〕にて、2021年1月16日~3月21日。 小瀬真由子の絵画14点を紹介する企画。 作者は、網点、網目、格子、縞、紐といったモティーフを繰り返し作品に登場…

展覧会 城田圭介個展『Over』

展覧会『城田圭介「Over」』を鑑賞しての備忘録Maki Fine Artsにて、2021年1月8日~2月7日。 観光地と観光客とをテーマとした作品から構成される城田圭介の個展。 《August 15, 2020 (Nijubashi Bridge)》は、白く塗られた画面の下部左側に日傘を差して歩く…

展覧会 千葉正也個展

展覧会『千葉正也個展』を鑑賞しての備忘録東京オペラシティ アートギャラリーにて、2021年1月16日~3月21日。 紙粘土や木片を用いたマケットと日用品などから作成されたジオラマを描写した絵画など100点を超える作品を、亀の長大な飼育施設とともに設置した…

展覧会 東真里江個展『いきづき』

展覧会『東真里江展「いきづき」』を鑑賞しての備忘録JINEN GALLERYにて、2021年2月2日~7日。 東真里江の絵画16点と陶土を用いた球体(「不完全な球体」シリーズ)7点を展示。 《煌めき》は、赤錆の浮いた鉄板を思わせる、赤褐色のゴツゴツとした表面を持つ…

映画『KCIA 南山の部長たち』

映画『KCIA 南山の部長たち』を鑑賞しての備忘録2019年製作の韓国映画。114分。監督は、ウ・ミンホ(우민호)。原作は、キム・チュンシクの『実録KCIA「南山と呼ばれた男たち」(남산의 부장들)』。脚本は、ウ・ミンホ(우민호)とイ・ジミン(이지민)。撮影は、コ…

展覧会 岡典明個展『森をあるく』

展覧会『岡典明展「森をあるく」』を鑑賞しての備忘録藍画廊にて、2021年2月1日~6日。 ギャラリーの白い壁に掛けられた作品は、遠目には樹形のことなる樹木を1本ずつ描いたドローイングのように見える。実際には、画面は紙ではなく、いずれも一辺20~30cm程…

展覧会 南谷理加個展『WONDERLAND Ⅱ』

展覧会『南谷理加「WONDERLAND Ⅱ」』を鑑賞しての備忘録Bambinart Galleryにて、2021年1月23日~2月7日。 南谷理加の絵画展。 《untitled #72》には、エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)がクレヨンで描いた《叫び》の背景を連想させるような、オレンジ・ベ…

展覧会 重野克明個展『新作銅版画展 ダダダ、』

展覧会『重野克明 新作銅版画展 ダダダ、』を鑑賞しての備忘録日本橋高島屋美術画廊Xにて、2021年1月20日~2月8日。 重野克明の銅版画展。卑近な題材を漫画のように表現しつつ(時折添えられるコメントも漫画を連想させる)、インクの盛り上がりや反面の切り…