可能性 ある 島 の

芸術鑑賞の備忘録

展覧会

展覧会 水野里奈個展『思わず、たち止まざるをえない。』

展覧会『水野里奈「思わず、たち止まざるをえない。」』を鑑賞しての備忘録ポーラ ミュージアム アネックスにて、2019年7月12日~28日。 水野里奈の絵画展。 《洞窟の入口》と題した作品がある。洞窟があると示されることで、先を見通すことは出来ない岩壁の…

展覧会『モダン・ウーマン フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』

展覧会『日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン フィンランド美術を彩った女性芸術家たち』を鑑賞しての備忘録国立西洋美術館(新館展示室)にて、2019年6月18日~9月23日。 1917年の独立前後のフィンランドを生き、同国の近代美術に…

展覧会 今村文個展『見えない庭』

展覧会『第13回 shiseido art egg 今村文展「見えない庭」』を鑑 賞しての備忘録資生堂ギャラリーにて、2019年7月5日~28日。 表題作《見えない庭》は、ベッドが置かれ、ドア・窓・曇りガラスの障子を備えた「寝室」と、その周囲に点在するクローゼット、チ…

展覧会『ロエベ ファンデーション クラフト プライズ 2019』

展覧会『ロエベ ファンデーション クラフト プライズ 2019』を鑑賞しての備忘録草月プラザ(草月会館)にて、2019年6月26日~7月22日。 ロエベ・ファンデーションが現代の優れた工芸作品を表彰する「クラフト プライズ」。その第3回のファイナリストの作品29…

映画『ワイルドライフ』

映画『ワイルドライフ』を鑑賞しての備忘録2018年のアメリカ映画。監督は、ポール・ダノ(Paul Dano)。原作は、リチャード・フォード(Richard Ford)の小説"Wildlife"。脚本は、ポール・ダノ(Paul Dano)とゾーイ・カザン(Zoe Kazan)。現代は、"Wildlife"。 196…

展覧会 風間サチコ個展『東京計画2019 vol.2 風間サチコ』

展覧会『αMプロジェクト2019 東京計画2019 vol.2 風間サチコ』を鑑賞しての備忘録gallery αMにて、2019年6月1日~7月13日。 2020年の五輪に向け再開発が進む東京に対し、1960年の東京五輪の際に丹下健三が発表した「東京計画1960」を引き合いに、オルタナテ…

展覧会『青のある暮らし 江戸を染める伊万里焼』

展覧会『青のある暮らし 江戸を染める伊万里焼』を鑑賞しての備忘録戸栗美術館にて、2019年7月2日~9月22日。 白い素地に青色の文様をあらわした「染付」の伊万里焼の展観。一部色絵の器も含むが、染付を中心に、青磁、瑠璃釉が並ぶ涼やかな空間。浮世絵専門…

展覧会 ニコラス・ハットフル個展『こころの温度』

展覧会『ニコラス・ハットフル「こころの温度」』を鑑賞しての備忘録THE CLUBにて、2019年6月29日~8月24日。 ニコラス・ハットフルの絵画展。 メイン・ヴィジュルアルに採用されている《Senven Seconds》には、布団や衣類が宙に舞い上がっていく様が描かれ…

展覧会 坂本夏子個展『迷いの尺度 シグナルたちの星屑に輪郭をさがして』

展覧会『坂本夏子個展「迷いの尺度 シグナルたちの星屑に輪郭をさがして」』を鑑賞しての備忘録ANOMALYにて、2019年6月8日~7月6日。 「尺度」や「シグナル」などをキーワードに制作された坂本夏子の作品展。細かな円・四角形などが繋がるように描き込まれた…

展覧会 Hogalee個展『Masking / Fixing』

展覧会『Hogalee「Masking / Fixing」』を鑑賞しての備忘録Gallery OUT of PLACE TOKIOにて、2019年5月31日~年6月30日。 Hogaleeによるマスキングテープを用いた絵画展。 Hogaleeは、マスキングテープを画材としてオンナノコを壁などに描き、会期が終了する…

展覧会 田中偉一郎個展『三丁目国際芸術祭』

展覧会『田中偉一郎連載個展3rd「三丁目国際芸術祭」』を鑑賞しての備忘録TS4312にて、2019年6月7日~30日。 アンリ・マティスの縦2.6m×横3.9mの油彩画《ダンス(Ⅰ)》の前で、ブラシとパレットを持ったサングラスの男が、あたかも自作であるかのように、「…

展覧会 尾焼津早織個展『ハイパーフレーミング・コミック』

展覧会『エマージェンシーズ!037 尾焼津早織「ハイパーフレーミング・コミック」』を鑑賞しての備忘録NTTインターコミュニケーション・センターにて、2019年5月18日~8月3日。 通常とは異なったコマの割り付けで作成した漫画を撮影して動画にする「ハイパー…

展覧会『JAGDA新人賞展2019』

展覧会『JAGDA新人賞展2019』を鑑賞しての備忘録クリエイションギャラリーG8にて、2019年5月28日~6月29日。 将来有望なグラフィックデザイナーに贈られる「JAGDA新人賞」の今年度(第37回)の受賞者、赤沼夏希・岡崎智弘・小林一毅の3名の仕事を紹介する企画…

展覧会『Grand Menu』

展覧会『Grand Menu』を鑑賞しての備忘録FARO Kagurazakaにて、2019年5月25日~6月22日。 我喜屋位瑳務、高木真希人、寺本愛の三人展。 寺本愛の作品について。 時間=変化=動きをわずかな差異で表現する作品が印象的。 画面右側では横座りの女性の背後に円…

展覧会『THE BODY 身体の宇宙』

展覧会『THE BODY 身体の宇宙』を鑑賞しての備忘録 町田市立国際版画美術館にて、2019年4月20日~6月23日。 15世紀の西洋古版画から現代日本の美術家の作品まで、約90件の作品を通じて、人体表現を通覧する企画。 「第1章:理想の身体断章」、「断章:聖なる…

展覧会 宏美個展『木と森』

展覧会『宏美「木と森」』を鑑賞しての備忘録新宿眼科画廊(スペースS)にて、2019年6月7日~12日。 宏美の絵画展。 多くの作品に描かれているのは、自宅の庭。母の手入れが行き届かず、繁茂した植物により鬱蒼となった庭は、思春期から現在まで折り合いの悪…

展覧会 北島敬三個展『UNTITLED RECORDS Vol. 16展』

展覧会『北島敬三「UNTITLED RECORDS Vol. 16展」』を鑑賞しての備忘録photographers' galleryにて、2019年5月20日~6月16日。 北島敬三が2011年から2017年にかけて福島や青森で撮影した写真9点を展示。 北島敬三の代表作に白いシャツを着た人物のシリーズが…

展覧会 藤森詔子個展『Twinkle Pieces』

展覧会『藤森詔子「Twinkle Pieces」』を鑑賞しての備忘録GALLERY MoMo Ryogokuにて、2019年5月11日~6月8日。 藤森詔子が2017~2019年に制作した絵画11点を展観。 本展の表題作《Twinkle Pieces》は、2枚のキャンヴァスを組み合わせた横3m超×縦1.6mの大画面…

展覧会『キスリング展 エコール・ド・パリの夢』

展覧会『キスリング展 エコール・ド・パリの夢』を鑑賞しての備忘 録東京都庭園美術館にて、2019年4月20日~7月7日。 国内外の60点強の絵画による、モイズ・キスリング(Moïse Kisling。1891-1953)の回顧展。 本館1階では「キスリングとアール・デコの時代」…

展覧会 飯嶋桃代個展『〈疾患〉と〈治癒〉 通過儀礼としてのイナバノシロウサギ説話』

展覧会『飯嶋桃代展「〈疾患〉と〈治癒〉 通過儀礼としてのイナバノシロウサギ説話」』を鑑賞しての備忘録ギャルリー東京ユマニテにて、2019年6月1日~15日。 飯嶋桃代による「因幡の白兎」をテーマとしたインスタレーションを紹介する企画。 洪水で小島に漂…

展覧会 トム・サックス個展『ティーセレモニー』

展覧会『トム・サックス「ティーセレモニー」』を鑑賞しての備忘録東京オペラシティ アートギャラリーにて、2019年4月20日~6月23日。 茶の湯と宇宙とをテーマにしたトム・サックスの個展。アメリカ国内で開催された展覧会の日本巡回展。 会場は、トム・サッ…

展覧会 井上嗣也個展『Beginnings』

展覧会『井上嗣也展「Beginnings」』を鑑賞しての備忘録ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて、2019年5月14日~6月26日。 グラフィックデザイナー・井上嗣也の作品を紹介する企画展。新作のポスター「The Burning Heaven」シリーズなど近作を中心に紹介する…

展覧会『平砂アートムーヴメント展示企画2019 ここにおいて みせる/みる』

展覧会『平砂アートムーヴメント展示企画2019 ここにおいて みせる/みる』を鑑賞しての備忘録筑波大学平砂学生宿舎9号棟にて、2019年5月20日~6月2日。 元学生宿舎だった建物を会場に利用した、筑波大学の学生による自主企画の美術展。原則として作家ごとに…

展覧会 謝花翔陽個展『状況"環/蛇、全て最良の未来のために。"』

展覧会『謝花翔陽展「状況"環/蛇、全て最良の未来のために。"」』を鑑賞しての備忘録Bambinart Galleryにて、2019年5月18日~6月2日。 多数の眼を持つ女性の肖像画を中心とした絵画と、絵画に関連したモティーフの立体作品から構成される謝花翔陽の個展。 「…

展覧会 束芋個展『透明な歪み』

展覧会『束芋「透明な歪み」』を鑑賞しての備忘録ポーラ ミュージアム アネックスにて、2019年4月26日~6月2日。 アニメーション2点と、9点の絵画による束芋の個展。 《ふたり》は、裸電球1つの暗い室内に並んだ二棹の同型の箪笥とその内部とを描き出すアニ…

展覧会 コア・ポア個展『Returnee』

展覧会『コア・ポア「Returnee」』を鑑賞しての備忘録THE CLUBにて2019年4月6日~6月12日。 ロサンゼルスを拠点として活動するコア・ポア(Kour Pour)の絵画10点を紹介する企画。 《Tripple Samurai (Yoshitoshi)》と《Tripple ō-yoroi (Yoshitoshi)》は、国…

展覧会『時間/彫刻 時をかけるかたち』

展覧会『時間/彫刻 時をかけるかたち』を鑑賞しての備忘録東京藝術大学大学美術館陳列館にて、2019年5月20日~6月2日。 東京藝術大学美術学部彫刻科の主宰する、10名の作家の参加する彫刻展。キュレーションは出品作家の1人でもある林 武史。 北山翔一の《エ…

展覧会『印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション』

展覧会『印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション』を鑑賞しての備忘録Bunkamura ザ・ミュージアムにて、2019年4月27日~6月30日。 19世紀後半のフランス絵画を中心とした展覧会。地元出身の実業家ウィリアム・バレルから寄贈されたグラスゴー市バレル…

展覧会 水木塁個展『東下り』

展覧会『水木塁「東下り」』を鑑賞しての備忘録WAITINGROOMにて、2019年5月11日~6月9日。 水木塁の作品展。 《宙返り鳩》のシリーズは、シューズの空き箱をたたみ、その表面にコンパスで円を描いていった作品。コンパスの針を刺した場所にはクリスタル・ガ…

展覧会『一方そのころ』

展覧会『一方そのころ』を鑑賞しての備忘録KAYOKOYUKIにて、2019年4月20日~5月19日。 斉藤思帆と谷本真理の二人展。 斉藤思帆は、和紙に西洋人の肖像や洋画のワンシーンのような光景を描く。別個の作品をそれぞれ切断して、1枚の作品へとつなぎ合わせたかの…