可能性 ある 島 の

芸術鑑賞の備忘録

展覧会

展覧会 鈴木明日香個展

展覧会『鈴木明日香個展』不忍画廊にて、2022年5月13日~28日。 《エアリアル》(2015)は、縦50cm×横150cmのパネルを横に4枚繋ぎ、幅が6mに達する画面を持つ。横に伸びる画面自体特異であるが、それ以上に作品をユニークなものにしているのは、画面のあちらこ…

展覧会 石井海音個展『warp』

展覧会『石井海音個展「warp」』を鑑賞しての備忘録biscuit galleryにて、2022年5月5日~22日。 29点の絵画で構成される、石井海音の個展。 《My ghost walking》(1167mm×803mm)は、奥と左右に木製の(あるいは木目のプリントされた)扉のある住宅の廊下で、…

展覧会『ボテロ展 ふくよかな魔法』

展覧会『ボテロ展 ふくよかな魔法』を鑑賞しての備忘録Bunkamura ザ・ミュージアムにて、2022年4月29日~7月3日。 対象をふくよかに表現するスタイルで著名なフェルナンド・ボテロ(1932-)の個展。「第1章:初期作品」(4点)、「第2章:静物」(10点)、「第3章:…

展覧会 熊谷亜莉沙個展『私はお前に生まれたかった』

展覧会『熊谷亜莉沙「私はお前に生まれたかった」』を鑑賞しての備忘録ギャラリー小柳にて、2022年4月16日~6月25日。 9点の絵画とそれぞれに付された文章から成る、熊谷亜莉沙の個展。 《You or I》(1950mm×970mm)は、暗闇の中に浮かび上がる、頭部の欠けた…

展覧会 流麻二果個展『その光に色を見る』

展覧会『流麻二果「その光に色を見る」』を鑑賞しての備忘録ポーラ ミュージアム アネックスにて、2022年4月22日~5月29日。 絵画14件32点(うち《Square》は273mm×273mmの18枚組、《色の跡:松林雪貞「雪貞画譜」》は211mm×333mmの2枚組)で構成される、流…

展覧会『不透明な視界 Invisible wall』

展覧会『第10回大学日本画展 名古屋芸術大学 日本画コース二人展「不透明な視界 Invisible wall」』を鑑賞しての備忘録UNPEL GALLERYにて、2022年4月29日~5月15日。 磯部絢子6点、福本百恵5点、計11点の日本画で構成される二人展。両者の大画面作品の黒と赤…

展覧会『BankART Under 35 2022 第1期』(ユ・ソラ個展)

展覧会『BankART Under 35 2022 第1期』(ユ・ソラ個展)を鑑賞しての備忘録BankART KAIKOにて、2022年4月28日~5月15日。 「BankART Under 35」は、2008年にスタートした、35歳以下の作家を個展形式で紹介するシリーズ企画。今年は4期にわたり8名の作家を紹…

展覧会『草を食む』

展覧会『草を食む』を鑑賞しての備忘録アキバタマビ21にて、2022年4月10日~5月14日。 木村瞳(月光浴をテーマにした写真と映像など)、酒井みのり(7着の赤いスカートを描いた絵画やチョコレートを模した陶器など)、畠山美樹(サイアノタイプを用いた写真…

展覧会『扉は開いているか―美術館とコレクション 1982-2022』

展覧会『開館40周年記念展 扉は開いているか―美術館とコレクション 1982-2022』を鑑賞しての備忘録埼玉県立近代美術館にて、2022年2月5日~5月15日。 埼玉県立近代美術館40年の歩みを、主要なコレクション、建築、代表的な展覧会を軸に振り返る企画。「近代…

展覧会 角文平個展『宇宙の箱舟』

展覧会『角文平「宇宙の箱舟」』を鑑賞しての備忘録渋谷ヒカリエ 8/ CUBEにて、2022年4月22日~5月8日。 人工衛星のような、宇宙に浮かぶ分譲住宅「Space House」シリーズを紹介する空間、立方格子に様々な戸建て住宅を配した《1戸建てマンション》とクライ…

展覧会 早川桃代個展『I Like You』

展覧会 早川桃代個展『I Like You』を鑑賞しての備忘録金柑画廊にて、2022年4月16日~5月8日。 主に鉛筆と色鉛筆で描いた絵画24点を中心とする、早川桃代の個展。 出展作品中最大の作品《花も団子も》(728mm×1030mm)には、花を銜えた亀の甲羅にリンゴが2個積…

展覧会『浜口陽三、ブルーノ・マトン展―ひとつ先の扉』

展覧会『浜口陽三、ブルーノ・マトン展―ひとつ先の扉』を鑑賞しての備忘録ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションにて、2022年1月15日~5月8日。※当初会期4月3日までを延長。 浜口陽三の銅版画(主にメゾチントとカラーメゾチント)20点(全て1階に展示)ととも…

展覧会 久保田智広個展『eat ro ekyu』

展覧会『久保田智広個展「eat ro ekyu」』を鑑賞しての備忘録EUKARYOTEにて、2022年4月15日~5月1日。 作品や什器などの配置を変えたギャラリー自体を提示する、久保田智広の個展。意味のとれない展覧会タイトルは、ギャラリーの名称"EUKARYOTE"の文字を並び…

展覧会『第25回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』

展覧会『第25回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』を鑑賞しての備忘録川崎市岡本太郎美術館にて、2022年2月19日~5月15日。 岡本太郎の精神を継承し、「自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰する」岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)…

展覧会 三輪洸旗個展『未来への響き』

展覧会『三輪洸旗「未来への響き」』を鑑賞しての備忘録GALLERY TAGA 2にて、2022年3月31日~4月25日。 峰をモティーフとした作品を中心に、22点の彫刻と絵画とで構成される、三輪洸旗の個展。 「山ひかり満ちて連なる」シリーズ(300mm×300mm)の3点は、いず…

展覧会『104 INTRODUCES』

展覧会『104 INTRODUCES』を鑑賞しての備忘録104GALERIEにて、2022年4月1日~30日。 アレックス・カネフスキー(Alex Kanevsky)2点、アネタ・カイザー(Aneta Kajzer)3点、メロラ・クーン(Melora Kuhn)1点、セルジュ・トマ(Sergiu Toma)1点、ヘレン・バーホー…

展覧会 内藤亜澄個展『Hobby horse in the frame』

展覧会『内藤亜澄展「Hobby horse in the frame」』を鑑賞しての備忘録ギャラリー椿にて、2022年4月9日~23日。 会場の床に、バスケットボールのセンターラインをイメージさせる、直線と円弧とを表わし、手前側の"Hobby horse"と奥側の"in the frame"とに分…

展覧会 大野綾子個展『「みどりは草の色カマキリの色」by KAYOKO YUKI』

展覧会『大野綾子「みどりは草の色カマキリの色」by KAYOKO YUKI』を鑑賞しての備忘録CADAN有楽町にて、2022年4月5日~24日。 主に深岩石で制作された彫刻4点で構成される、大野綾子の個展。 《みどりは草の色カマキリの色 a》(1950mm×660mm×1575mm)は、中心…

展覧会 平手個展『拳に綿を詰める』

展覧会『第23回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展 平手展「拳に綿を詰める」』を鑑賞しての備忘録ガーディアン・ガーデンにて、2022年4月12日~5月21日。 人間の着ぐるみ(人の形をした、衣装のように着脱可能な人形)と、それらと作者らとのやり…

展覧会 朴栖甫個展

展覧会『朴栖甫展』を鑑賞しての備忘録東京画廊+BTAPにて、2022年3月26日~5月7日。 キャンヴァスに韓紙を用いて立体的な線条を繰り返し表わす「後期描法」シリーズ絵画13点とそのエスキース1点とで構成される、朴栖甫(박서보)の個展。 《Ecriture No.101012…

展覧会『万物資生|中村裕太は、資生堂と を調合する』

展覧会『万物資生|中村裕太は、資生堂と を調合する』を鑑賞しての備忘録資生堂ギャラリーにて、2022年2月26日~5月29日。 1872年、銀座に創業した洋風調剤薬局資生堂の社名は、『易経』の「至哉坤元 万物資生」に由来する。美術家の中村裕太が、資生堂の企…

展覧会『ミロ展 日本を夢みて』

展覧会『ミロ展 日本を夢みて』を鑑賞しての備忘録Bunkamura ザ・ミュージアムにて、2022年2月11日~4月17日。 ジョアン・ミロ(Joan Miró)を、日本との関わりの観点で紹介する企画。ジャポニスム(主に浮世絵)の影響を紹介する「Ⅰ:日本好きのミロ」(13点。…

展覧会 井上七海個展『Maybe so, maybe not』

展覧会『井上七海「Maybe so, maybe not」』を鑑賞しての備忘録KOTARO NUKAGA(天王洲)にて、2022年3月5日~4月16日。 青の細い線を縦横に引き連ねることで生まれる方眼紙のような絵画「スフ」シリーズを中心とした、井上七海の個展。 絵画「スフ」シリーズ…

展覧会 糸川ゆりえ個展『Moment』

展覧会『糸川ゆりえ「Moment」』を鑑賞しての備忘録児玉画廊にて、2022年3月5日~4月9日。 糸川ゆりえの絵画展。 《Forest》(1940mm×1303mm)は、鬱蒼とした茂みの中を、やや俯いた女性が腕を組み歩く姿を捉えた作品。黄色いセーターと青いスカートとを身につ…

展覧会 遠藤利克個展

展覧会『遠藤利克』を鑑賞しての備忘録SCAI THE BATHHOUSEにて、2022年3月8日~5月14日。 中央の床に設置された、燃やされて真っ黒く焼け焦げた木製の直方体《空洞説―鏡像の柩》と、それを見下ろすように壁に設置された鉛の直方体の箱《空洞説―鉛の柩》とを…

展覧会 渡辺豪個展『所在について』

展覧会『渡辺豪個展「所在について」』を鑑賞しての備忘録ANOMALYにて、2022年3月5日~4月2日。 写真作品「積み上げられた本」シリーズ5点と、映像作品3点で構成される、渡辺豪の個展。 写真作品「積み上げられた本」シリーズ(各1215mm×730mm)は、作家が所蔵…

展覧会『VOCA展2022 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─』

展覧会『VOCA展2022 現代美術の展望─新しい平面の作家たち─』を鑑賞しての備忘録上野の森美術館にて、2022年3月11日~30日。 学芸員や研究者などによって推薦された40才以下の作家31人と2組の新作を展示。 张小船(Boat Zhang)の《CLOSEDからCLOSEへ(私はペ…

展覧会 北村奈津子個展『Landscape, Wonderland』

展覧会『北村奈津子展「Landscape, Wonderland」』を鑑賞しての備忘録ギャラリー椿にて、2022年3月19日~4月2日。 路上での気付きをもとに制作された絵画や立体作品で構成される、北村奈津子の個展。 幼い頃に温かく見晴らしが良いと住んでみたいと憧れたビ…

展覧会 岩崎奏波個展『プレイ パーク』

展覧会『岩崎奏波個展「プレイ パーク」』を鑑賞しての備忘録フリュウ・ギャラリーにて、2022年3月18日~23日。 絵画14点と小規模な立体作品群で構成される、岩崎奏波の個展。 《Dia》(410mm×318mm)には、緩やかにウェイヴする髪を持つ女性と、彼女より大き…

展覧会 高橋直宏個展『standing on the balls of the feet』

展覧会『高橋直宏個展「standing on the balls of the feet」』を鑑賞しての備忘録EUKARYOTEにて、2022年3月11日~4月3日。 7点の木彫作品と1点のドローイングとで構成される、高橋直宏の個展。 《ベール》は、木彫によって表わされた頭、胸、腰(太腿あたり…