可能性 ある 島 の

芸術鑑賞の備忘録

展覧会

展覧会 小林聡子個展『コクーン』

展覧会『小林聡子「コクーン」』を鑑賞しての備忘録藍画廊にて、2021年4月26日~5月8日。 ボール紙を格子棚のように組んで油絵具で着彩した作品6点と、矩形を緻密に描き込んでいった「方眼紙」のような水彩画2点で構成される、小林聡子の個展。 格子棚タイプ…

展覧会 佐々木成美個展『●』

展覧会『佐々木成美個展「●」』を鑑賞しての備忘録LOKO GALLERYにて、2021年4月9日~5月9日。 穴と天体、さらには洞窟やアーキタイプなどの象徴として、黒く塗りつぶされた円「●」をタイトルに冠した、佐々木成美の個展。地上(1階と2階)の展示室では油彩と…

展覧会『永遠に「新青年」なるもの―ミステリー・ファッション・スポーツ―』

展覧会『創刊101年記念展 永遠に「新青年」なるもの―ミステリー・ファッション・スポーツ―』を鑑賞しての備忘録神奈川近代文学館にて、2021年3月20日~5月16日。 1920年から1950年まで刊行された雑誌『新青年』を、本誌や原稿・原画に、写真や関連資料を交え…

展覧会 長谷川愛個展『4th Annunciation』

展覧会『長谷川愛展「4th Annunciation」』を鑑賞しての備忘録TERRADA ART COMPLEXⅡにて、2021年4月23日~5月6日。 これまで不可能だった生き方を可能にするであろうテクノロジーをいかに使いこなすかの思考実験として、異なる大気構成下での人間の性行動を…

展覧会 五十嵐大地個展『gjallarhorn』

展覧会『五十嵐大地個展「gjallarhorn」』を鑑賞しての備忘録biscuit galleryにて、2021年4月29日~5月16日。 五十嵐大地の絵画23点を紹介。 《Tilt Moon》は、コンクリートの打ちっぱなしの壁に接して置かれたコンクリート製のブロックの上に、それより小型…

展覧会 三瓶玲奈個展『熱をさわる』

展覧会『三瓶玲奈「熱をさわる」』を鑑賞しての備忘録MONO.LOGUESにて、2021年4月2日~5月3日。※当初会期4月26日までを延長。 全て"Touch the heat"と題された油彩画7点と水彩画8点で構成される三瓶玲奈の個展。 「熱をさわる」ための絵画とは一体どんなもの…

展覧会 ムラタ有子個展『白樺の庭』

展覧会『ムラタ有子「白樺の庭」』を鑑賞しての備忘録THE GINZA SPACEにて、2021年4月5日~28日。 ムラタ有子の絵画展。壁面に飾られた23点の絵画と、会場中央に立てられた12本の《白樺》とで構成される。 「白樺の庭」と題されている通り、会場の中央には、…

展覧会 木下拓也個展

展覧会『木下拓也展』を鑑賞しての備忘録十一月画廊にて、2021年4月19日~5月1日。 木下拓也の絵画11点を紹介。 《ケシキ》では、木枠に貼った和紙の中央に波を表す淡墨の線が横切っている。その線より下には同様の線が密から疎へと間隔を空けつつ広がってい…

展覧会 赤坂有芽個展『△と布置 constellation』

展覧会『赤坂有芽個展「△と布置 constellation」』を鑑賞しての備忘録art speace kimura ASK?にて、2021年4月14日~30日。 秋田県内のある山に纏わる信仰などに触発されて制作されたアニメーションを核としたインスタレーションと、アニメーションのエスキー…

展覧会 髙木大地個展『Light, colour, outlines』

展覧会『髙木大地「Light, colour, outlines」』を鑑賞しての備忘録2021年3月27日~4月25日。 髙木大地の絵画展。 森をモティーフとする《Moonlight》には、森の中を真っ直ぐに延びる道が自らの姿を夜空に表すかのように、両側を鬱蒼とした森に縁取られた青…

展覧会『TOKAS–Emerging 2021 第1期』

展覧会『TOKAS–Emerging 2021 第1期』を鑑賞しての備忘録トーキョーアーツアンドスペース本郷にて、2021年4月3日~5月5日。 水上愛美「Dear Sentiment」(1階)、宮川知宙「遠くを見ること/そこへ行くこと」(2階)、都賀めぐみ「大きな蛇の樹の下で」(3階…

展覧会 田中武個展『包まれている』

展覧会『田中武展「包まれている」』を鑑賞しての備忘録日本橋高島屋本館6階美術画廊Xにて、2021年4月14日~5月3日。 500号の作品《ベッドは我々の全生涯を包む。というのは、我々はベッドで生まれ、生活し、そこで死ぬのだから》を中心に、「十六恥漢図」シ…

展覧会 柘植萌華個展『ドロップ』

展覧会『柘植萌華「ドロップ」』を鑑賞しての備忘録Bambinart Galleryにて、2021年4月3日~18日。 柘植萌華の絵画13点を紹介する企画。 《知らん顔》は河岸の草地に立つ蝋燭を描く。草地の先には川が流れ、対岸にはコンクリートの堤防や階段、東屋などが見え…

展覧会 鈴木志歩個展『わすれもの』

展覧会『鈴木志歩展「わすれもの」』を鑑賞しての備忘録GALLERY b.TOKYOにて、2021年4月12日~17日。 鈴木志歩の絵画14点を展示。 《あちらとこちらでご挨拶》は、やや横長の画面。上部3分の1は水彩絵具が滲んだような紫色、下部3分の2はやや白味がかったエ…

展覧会 吉田和夏個展『beyond the night』

展覧会『吉田和夏個展「beyond the night」』を鑑賞しての備忘録GALLERY MoMo Projectsにて、2021年3月27日~4月24日。 恐竜をモティーフとした作品を中心に27点の絵画で構成される、吉田和夏の個展。 《クラクラ》は、やや縦長の画面の左下から右上方向に向…

展覧会 竹内公太個展『Parallel, Body, Possession』

展覧会『竹内公太「Parallel, Body, Possession」』を鑑賞しての備忘録SNOW Contemporaryにて、2021年3月19日~4月17日。 竹内公太の過去10年の活動を、ドローイングや写真など24件の資料で振り返る企画。 《四ツ倉の洞穴》は、洞穴の中に存在した穴(!)か…

展覧会『第24回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』

展覧会『第24回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』を鑑賞しての備忘録川崎市岡本太郎美術館にて、2021年2月20日~4月11日。 「自由な視点と発想で、現代社会に鋭いメッセージを突きつける作家を顕彰する」岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)。第24回の応募作品616点…

展覧会 小野愛個展『today(ed)』

展覧会『小野愛「today(ed)」』を鑑賞しての備忘録BUoYにて、2021年3月21日~4月4日。 小野愛の、ソフトスカルプチャーと映像を中心としたインスタレーション「today(ed)」を展示。 まず現れるのは、中空に吊された、白い布でできた手がいくつも組み合わされ…

展覧会 小清水漸個展『垂線』

展覧会『小清水漸個展「垂線」』を鑑賞しての備忘録東京画廊+BTAPにて、2021年3月16日~4月17日。 インスタレーション《階の庭》を中心とする小清水漸の個展。 会場の中央に展示されている《階の庭》は、11個の石を1つずつ天井からワイヤーで吊した作品。全…

展覧会『ポーラ ミュージアム アネックス展2021―自動と構成―』

展覧会『ポーラ ミュージアム アネックス展2021―自動と構成―』を鑑賞しての備忘録ポーラ ミュージアム アネックスにて、2021年3月18日~4月18日。 「ポーラ ミュージアム アネックス展」は、公益財団法人ポーラ美術振興財団の「若手芸術家の在外研修に対する…

展覧会『VOCA展2021 現代美術の展望―新しい平面の作家たち―』

展覧会『VOCA展2021 現代美術の展望―新しい平面の作家たち―』を鑑賞しての備忘録上野の森美術館にて、2021年3月12日~30日。 美術館学芸員らに推薦された40歳以下の作家30名による平面作品の新作を展観。 神山亮子推薦作家・榎倉冴香の《東京ガールフレンズ …

展覧会 齋藤礼奈個展

展覧会『齋藤礼奈個展』を鑑賞しての備忘録KOMAGOME1-14casにて、2021年3月17日~29日。 板、キャンバス、段ボールなどに描かれたペインティング作品18点で構成される、齋藤礼奈の個展。 会場に入って左手の壁に、段ボールに描かれた作品がある。絵画の支持…

展覧会『電線絵画展 小林清親から山口晃まで』

展覧会『電線絵画展 小林清親から山口晃まで』を鑑賞しての備忘録練馬区立美術館にて、2021年2月28日~4月18日。※一部作品の入れ替えあり。 電線、電柱をモティーフとした絵画を特集した展覧会(企画:加藤陽介)。 プロローグと12章とで構成。3階の展示室3…

展覧会 川内倫子個展『M/E』

展覧会『川内倫子展「M/E」』を鑑賞しての備忘録日本橋三越本店本館6階コンテンポラリーギャラリーにて、2021年3月17日~29日。 「M/E」シリーズからの9点と、「Halo」シリーズからの10点から構成される川内倫子の写真展。「M/E」シリーズの約2分半の映像作…

展覧会『20世紀のポスター[図像と文字の風景]―ビジュアルコミュニケーションは可能か?』

展覧会『20世紀のポスター[図像と文字の風景]―ビジュアルコミュニケーションは可能か?』を鑑賞しての備忘録東京都庭園美術館にて、2021年1月30日~4月11日。 字体の角に飾りがなく、線の太さが一定である「サンセリフ」の書体と、幾何学的図像とを調和す…

展覧会『海を渡った古伊万里―ウィーン、ロースドルフ城の悲劇―』

展覧会『海を渡った古伊万里―ウィーン、ロースドルフ城の悲劇―』を鑑賞しての備忘録大倉集古館にて、2020年11月3日~2021年3月21日。※当初会期を変更。 ウィーン近郊のロースドルフ城の城主ピアッティ家の陶磁器コレクションは、1945年にソ連軍兵士によって…

展覧会 大庭大介個展『絵画―現象の深度』

展覧会『大庭大介「絵画―現象の深度」』を鑑賞しての備忘録SCAI THE BATHHOUSEにて、2021年3月9日~4月3日。 大庭大介の絵画展。 《M》は正方形の画面が金色に塗られた作品。画面に内接するように円が表されている。画面(正方形)の右上と左下とを結ぶ直線…

展覧会 柳幸典個展『Wandering Position 1988-2021』

展覧会『柳幸典個展「Wandering Position 1988-2021」』を鑑賞しての備忘録ANOMALYにて、2021年3月6日~4月3日。 「Wandering Position」シリーズと「アントファーム」シリーズを展観する柳幸典の個展。大きい方の展示室では「Wandering Position」シリー…

展覧会『4の気配 武蔵野美術大学日本画学科研究室スタッフ研究発表』

展覧会『春立つ―大学日本画展@UNPEL Ⅱ「4の気配 武蔵野美術大学日本画学科研究室スタッフ研究発表」』を鑑賞しての備忘録UNPEL GALLERYにて、2021年2月28日~3月14日。 武蔵野美術大学日本画学科研究室スタッフを務める秋葉麻由子、川名晴郎、城月、手嶋遥の…

展覧会『停滞フィールド 2020→2021』

展覧会『停滞フィールド 2020→2021』を鑑賞しての備忘録トーキョーアーツアンドスペース本郷にて、2021年2月20日~3月21日。 トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)のプログラムに参加経験のある作家を中心に紹介する展覧会シリーズ「ACT(Artists Contempor…